埋没毛にならないために

埋没毛とは何か?

埋没毛は、毛抜きやカミソリでムダ毛を処理したときにできやすい症状です。皮膚が傷つき、かさぶたで新しく生えてきた毛が皮膚の外に出れなくなり埋没毛になります。また、先の尖った毛先が毛穴の外ではなく皮膚内を貫通し、そのまま毛が成長することで埋没毛になるケースもあります。

 

女性のムダ毛処理をするときに埋没毛になることが多いです。特に脇の下、ビキニラインなどで埋没毛になりやすいです。埋没毛は皮膚が炎症を起したり、黒ずんだりするので注意が必要です。皮膚が炎症を起した後は、黒っぽく色素が沈着するので、肌が汚く見えてしまいます。

埋没毛にならないために

埋没毛にならないためには、毛抜きやカミソリでの自己処理を行わない方がよいでしょう。埋没毛にならないムダ毛処理の方法としては、お金がかかりますが、レーザー脱毛で処理する、抑毛剤を使って毛を目立たなくする方法があります。埋没毛になると、跡が残る可能性があるので、レーザー脱毛や抑毛剤での処理が望ましいです。お肌や毛穴を傷めないムダ毛処理をしましょう。